• 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

CURRICULUM カリキュラム・研究

教員紹介

福田 裕大

image
氏名 福田 裕大(Yudai Fukuda)
所属 国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名 准教授
専門 フランス文学・メディア史
自己紹介

小説、音楽、アニメ、映画――昔からこの手のポピュラーカルチャーが大好きで、とくにこだわっていたレコードを買うために学生時代はたくさん働きました。とはいえ、ありきたりの大学生で終わるのは嫌だったので、本もずいぶん読んだつもりです。フランス文学を専攻していたので当時の「主食」は小説でしたが、大学院に進むことを意識してからは、哲学、芸術学、メディア論、科学史など、他ジャンルの本へも手を伸ばしてきました。
研究者としての本当の専門はかなりマイナーです。十九世紀後半のパリに生きたシャルル・クロという人物が研究対象で、一応は「詩人」といえるのですが、色彩写真や録音技術のパイオニアとしても知られる面白い人です。この少し変わった人物の仕事を足がかりにして、当時のフランスに生じつつあった文学や視聴覚文化の変容を捉え直していくことが当面の仕事だと思っています。
一方で、大学という場で教える側にも立つ以上、こうした研究を単に「昔」の話で片づけてしまうのではなく、そこで培った知識や考え方を「現代」につなげることも大切になると感じてきました。そこから思いついたのが、音楽や映画、アニメやマンガといった現代の様々な視聴覚文化を取りあげて、自分自身の「日常」を思考の対象にするという授業スタイルです。国際学部の授業では、こうしたところからさらに一歩踏み込んで、日常的な文化表現のなかから何かしら「他者」のほうへと開かれた問いを探し出したいと思っています。

学生へのメッセージ

四年間のうちに、他者の「すごさ」を察知するためのアンテナを手に入れてください。誰かが成し遂げた何かに触れるという経験は、みなさんに大きな喜びをもたらすはずです。ただし、その何かの「すごさ」を正しく把握するためには、みなさん自身が何かに打ち込み、そこで培った経験をほかの領域へとおきかえて一般化するよう、日ごろから真摯に努めている必要があります。四年間の学びの先で、みなさんが他者の「すごさ」を自分自身で感じとろうとしているか、それともただ単に周囲の人間の評価に倣っているだけか。「すごさ」の種類・質は多様ですが、この差があることは決定的だと僕は思います。

主要科目

欧州の文化と歴史

欧州の現代社会事情

日本社会のコミュニケーション

異文化コミュニケーション論

ゼミ紹介

日常的に私たちが消費しているポピュラーカルチャーを出発点にして、「他者」に対する想像力・理解力を獲得することがゼミの目標です。音楽をはじめとして、ひとつの作品を介したコミュニケーションのうえに、いかなるかたちで「他者」――例えば異国の文化や過去の事象――との接触・摩擦・交渉の過程が刻み込まれているか。こうした類の調査を実現するために、基礎的な知識・関心を育むことはもとより、資料調査やプレゼンテーションのための技術を身につけていきます。ゼミは座学だけでなく、なにかしらのプロジェクトやイベントを皆さん自身に企画してもらうことで運営していくつもりです。留学生活で培ったタフさを活かし、ゼミに集う「他者」たちと目一杯ぶつかってみてください。

学歴

2005年4月 - 2009年3月
京都大学 大学院人間・環境学研究科博士後期課程

2002年4月 - 2005年3月
京都大学大学院 人間・環境学研究科博士前期課程

1998年4月 - 2002年3月
青山学院大学 文学部 フランス文学科

主な業績
講演・口頭発表等

フランス、黎明期の録音技術:レオン・スコット・ド・マルタンヴィルの業績を再検討する

音と聴覚の文化史(国際日本文化研究センター)  2017年7月 

文学集団の詩学

日本フランス語フランス文学会2016年度秋季大会  2016年10月 

「音と聴取のアルケオロジー」再論 —— 「聴覚性」批判からの展望

表象文化論学会第10回研究発表集会  2015年11月 

録音再生技術の歴史的位置づけ、ならびにフランス文学研究との接点 [招待有り]

声と文学  2014年12月 

「スポーツ言説のリテラシー」 [招待有り]

スポーツナレッジ研究所研究会(テーマ「知のリテラシー」)  2014年9月