• 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

CURRICULUM カリキュラム・研究

教員紹介

春木 茂宏

image
氏名 春木 茂宏(Shigehiro Haruki)
所属 国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名 准教授
専門 言語コミュニケーション論
自己紹介

人間の言葉ってとても便利で不自由だと思いませんか。伝えたい気持ちがあって言葉に載せるとき、うまく伝わるときと伝わらない時、そもそもこの想いは言葉にできないと感じるとき、色々あると思います。こういう人間が言葉を使ってコミュニケーションを行うのがとても不思議で言語コミュニケーションの研究をやっています。特に、「他者の意図の理解」や「コミュニケーション活動に影響する心理的・相互作用的要因」や「言語の違いによるコミュニケーション・スタイルの違い」が一体どういうものかを知りたいと思っています。「人間のコミュニケーション活動の実際」が解明できれば、「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のような人間と同じように(同じと思えるように)会話ができるロボットができるのではないかと思っているのです。

学生へのメッセージ

留学の先に、英語習得の先に、国際学部の先に何を見ていますか。何に向かって進んでいっていますか。夢や目標はかなわないこともありますが、ある方がいいですよね。前を向いて胸を張って進んでいける実感がありますよね。夢や目標がないと「やらなければならないことをこなす毎日」を過ごすだけですよね。国際学部の留学や授業を通して少しでも見つかればと願っています。未来が輝くエネルギーの溢れる皆さんの夢や目標をぜひ聞かせてください。

主要科目

コミュニケーション学

言語としての英語

会話と談話の原理

言語使用の原理

ゼミ紹介

言語コミュニケーションを研究するゼミですから、「人間の言語コミュニケーションの仕組みや原理」を学びますが、議論を活発にやって「コミュニケーション能力の向上」そのものも目指しています。ゼミではナビゲーター役に徹し、ゼミ生みんなが熱心に話し合える・語り合える環境を作り出すことを心がけています。私のゼミでは卒業研究の成果として卒業論文を執筆しますが、ゼミ生には人間の言葉やコミュニケーションの不思議を最後の最後まで追及して納得のいく卒業研究と卒業論文を完成してもらいたいと尻を叩いています。

学歴

1997年4月 - 2001年3月
大阪大学大学院 文学研究科博士後期課程

1995年4月 - 1997年3月
大阪大学大学院 文学研究科博士前期課程

1990年4月 - 1994年3月
神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科

主な業績
論文

プロトタイプカテゴリーとしてのアイロニーと理論化

春木茂宏 文学・芸術・文化  25  (2)  210-234  2014年3月 

欲求に基づくコミュニケーション原則の可能性

春木茂宏 文学・芸術・文化  24  (2)  114-140  2013年3月 

非難材料想定の前景化プロセスとしてのアイロニー非難材料想定の前景化プロセスとしてのアイロニー非難材料想定の前景化プロセスとしてのアイロニー

春木茂宏 意味と形式のはざま―阪大英文学叢書6―  269-280  2011年4月 

書籍等出版物

発話の解釈はなぜ多様なのか─コミュニケーション能力の働きを考える

春木茂宏 (担当:分担執筆) 朝倉書店  2017年3月 

朝倉日英対照言語学シリーズ7 語用論

春木茂宏 (担当:分担執筆) 朝倉書店  2012年8月 

講演・口頭発表等

英語による議論コミュニケーションに見られる主導権獲得や放棄について -日本語母語話者と非日本語話者との比較-

社会言語科学会 第40回研究大会  2017年9月 

嫌みを導く要因:周辺的アイロニーからの考察

日本語用論学会 第9回大会  2006年12月