• 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

CURRICULUM カリキュラム・研究

教員紹介

豊山 亜希

image
氏名 豊山 亜希(Aki Toyoyama)
所属 国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名 講師
専門 インド美術史
自己紹介

絵を描くのが好きで美術科高校へ進学し、そこで芸術作品に秘められた意味を探る「美術史」なる学問を知って興味をひかれ、近畿大学文芸学部に入りました。そして大学の学びを活かせる仕事は何かと考え始めた3回生の冬休みにインドを旅して、その魅力の虜になりました。「美術史」と「インド」、二つがリンクして「インド美術史」という研究関心になり、母校で教鞭をとるに至っています。
最近の研究テーマは植民地時代のインド美術で、特にイギリスとの取引で財をなした商家の邸宅建築を実地調査しています。一見、21世紀の日本に暮らす私たちとは無縁の過去に思えますが、そこには植民地という接触領域で展開された、異文化間交渉の生々しい痕跡が遺されています。自ら語ることのないモノとの対話を通して、先人たちの異文化理解の歩みを追体験することは、グローバル化時代を生きる私たち自身の歩みにつながっていくものと信じています。

学生へのメッセージ

近大入学間もない18歳当時の私は、将来インドへ留学し、さらに教員として母校へ帰ってくることなど想像もしていませんでした。つくづく人生とは予測不可能で、だからこそ可能性に満ちているものだと思います。将来の目標が明確な人もそうでない人も、大学生活全体を通して、そして1年間の留学生活を通して遭遇する予測不可能な出来事を大いに楽しみ、そこに潜む未知の可能性との出会いを大切にしてください。「世界へ羽ばたくという夢が紡ぐ人生は素晴らしい」そんなメッセージを語りかけてくれるのが、インド系アメリカ人作家ジュンパ・ラヒリの短編集『停電の夜に』(新潮文庫・2003年)所収の「三度目で最後の大陸」です。留学という大きな決断をした皆さんを、静かに勇気づけてくれることでしょう。

主要科目

アジア学入門

地域研究入門

グローバル化した世界の民族問題

アジアの地理

アジアの宗教と思想

アジアの文化遺産

ゼミ紹介

視覚表象(絵画・建築・彫刻・写真など)を通して、文化の意味を深く理解することがねらいです。この世界についての知覚は、言葉よりも絶え間なく目に飛び込んでくるイメージに実は多くを負っていますが、そのことは日常的にあまり意識されません。私たちの目は「世界」を向いていながら、意外と「その世界」をきちんと見ていないのです。
ゼミでは、英語の基本文献輪読とグループ研究を通してイメージ解読の基礎を学んだのち、受講生各自がテーマを設定して、プレゼンテーションとディスカッションによって研究を深めます。イメージに込められた声なき声を聞き、今まで何気なく見ていたものの本当の姿を知ることを通して、異文化コミュニケーション能力を高めます。また、イメージという非言語表現を言語で効果的に説明する作業を通じて、社会で役立つプレゼンスキルを身に着けます。習得した言語で語る引き出しを増やしたい人、ぜひ一緒に勉強しましょう!

経歴

2016年4月 - 現在
近畿大学 国際学部 国際学科 講師

2013年4月 - 現在
宮城学院女子大学 附属キリスト教文化研究所 客員研究員

2014年4月 - 2016年3月
国立民族学博物館 現代インド地域研究拠点 拠点研究員

2012年4月 - 2014年3月
国立民族学博物館 外来研究員

2009年4月 - 2012年3月
日本学術振興会 (大阪大学) 特別研究員(PD)

2008年4月 - 2009年3月
関西大学大学院 文学研究科 研究員

学歴

2002年4月 - 2008年3月
関西大学大学院 文学研究科 哲学専攻 美学美術史専修 博士課程後期課程

2000年4月 - 2002年3月
関西大学大学院 文学研究科 哲学専攻 美学美術史専修 修士課程

1996年4月 - 2000年3月
近畿大学 文芸学部 文化学科

主な業績
論文

戦間期インドにおける日本製タイルの受容とその記号性

豊山亜希 社会経済史学  82  (3)  35-50  2016年11月  [査読有り]

インドのマジョリカ熱 : イギリス統治下のインドにおける日本製タイルの消費について (特集 グローバリズムの方法論と日本美術史研究 : 一国主義と受容研究を越えて) -- (グローバリズムの近現代表象を観る)

豊山 亜希 美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21  32  83-88  2015年  [査読有り]

Cave Temples as the Imagining of India: The Negotiation between Early Modern Indian Tradition and Colonial Knowledge

Aki TOYOYAMA The Challenge of the Object: The Proceedings of the 33rd Congress of the International Committee of the History of Art, Part 2  482-486  2013年  [査読有り]

「土着の伝統」と「複製の近代」:―ハヴェーリー壁画にみる英領インド期の大衆美術とマールワーリー・アイデンティティ―

豊山 亜希 南アジア研究  2012  (24)  56-80  2012年  [査読有り]

Through Ports, Passes, and Junctions: Reconsideration of the Excavational Patterns of Minor Buddhist Caves in Western India

Nobuo NAKATANI, Fumitaka YONEDA, Akinori UESUGI, and Aki TOYOYAMA South Asian Archaeology 2007: Proceedings of the 19th Meeting of the European Association of South Asian Archaelogy, Vol. II Historic Periods  225-232  2010年  [査読有り]

インド共和国西デカン地方における小規模仏教石窟群の踏査(1)

米田 文孝, 豊山 亜希, 森下 真企, 松並 真帆 関西大学博物館紀要  14  1-23  2008年3月  [査読有り]

The Patterning of Landscape and Ideology: A Study of Buddhist Rock-cut Monasteries in the Early Historic Western Deccan (Unpublished PhD Thesis)

Aki TOYOYAMA Kansai University  2008年  [査読有り]

ジュンナル石窟マーンモーディー第四十窟の造営意義に関する一考察 : 銘文とファサード彫刻を手掛かりとして

豊山 亜希 関西大学哲学  25  109-141  2005年10月  [査読有り]

書籍等出版物

Contextualizing Material Culture in South and Central Asia in Pre-Modern Times

豊山亜希 (担当:分担執筆) Brepols  2016年  ISBN:978-2-503-56642-9 

Routledge Handbook of Heritage in Asia

Patrick Daly and Tim Winter, eds. (担当:分担執筆) Routletge  2012年 

講演・口頭発表等

Transaction and Translation of Modernity: Japanese Majolica Tiles in Colonial India

History of Consumer Culture 2017 Conference: Objects, Desire and Sociability  2017年3月 

The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture

45th Annual Conference on South Asia  2016年10月 

The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture

45th Annual Meeting of Southwest Conference on Asian Studies  2016年10月 

Modernity, Hybridity, and New Identities: Architectural Representations of the 'Black Town' in Late Colonial Calcutta

The 4th International Congress of Bengal Studies  2015年12月  Tokyo University of Foreign Languages 

The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture

International Workshop "Representing Marwaris in 1920s-30s India"  2015年10月  Otemon Gakuin Osaka-Umeda Satellite 

マールワーリーの近代的アイデンティティとしての日本製マジョリカタイル

日本南アジア学会第28回全国大会  2015年9月  東京大学 

Japanese Majolica Tiles in Inter-war India: Modernization, Sanitization, and Beautification of the National Landscape

The 17th World Economic History Congress  2015年8月  Kyoto International Conference Center 

インドを彩る日本のタイル:インド近代化遺産のもうひとつの物語

第445回国立民族学博物館友の会講演会  2015年8月  国立民族学博物館 

Japanese Majolica Tiles and National Aestheticism in Late Colonial Asia

The 9th International Convention of Asian Scholars  2015年7月  Adelaide Convention Centre 

石窟寺院をめぐる西デカンの長期の景観変容:立地環境・建築様式・装飾形式の分析から

2014年度マハーラーシュトラ研究会例会  2015年3月  東京大国語大学本郷サテライト 

Japanese Majolica Tiles in the Making of Indian Modernism and Nationalism

SNU-INDAS Conference  2014年12月  India Habitat Centre 

植民地インドにおける日本製マジョリカタイルの受容:公衆衛生、消費、アイデンティティ表象

第262回民博研究懇談会  2014年12月  国立民族学博物館 

Aesthetics, Sanitation, and Nationalism: Japanese Majolica Tiles in Late Colonial India

Seminar Series of the Centre for South Asian Studies  2014年10月  The University of Edinburgh 

植民地インドと日本製〈マジョリカ〉タイル―公衆衛生と民族意識をめぐる美学

2014年度現代インド・南アジアセミナー  2014年9月  広島大学 

大戦間期のインド建築における日本製マジョリカタイルの受容とその記号性

社会経済史学会第83回全国大会  2014年5月  同志社大学 

Majolica Tiles and Pan-Asianism in Interwar Japan

HISTART '13 Conference: Politics, Ideology, Identity  2013年11月  Mimar Sinan Fine Arts University 

大戦間期のインド建築における日本製マジョリカタイルの受容―シェーカーワーティー地方のハヴェーリーを中心に―

現代インド地域研究国立民族学博物館拠点平成25年度第3回合同研究会  2013年10月  国立民族学博物館 

大戦間期のハヴェーリー建築におけるモダニズムとナショナリズム―日本製マジョリカタイルの受容に着目して―

日本南アジア学会第26回全国大会  2013年10月  広島大学 

英領期の北インド・ラージプーターナーにおける商家建築ハヴェーリーの変容

宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所公開研究会  2013年7月  宮城学院女子大学 

両大戦間期の英領インドにおける日本製マジョリカタイルの受容について

第66回美術史学会全国大会  2013年5月  関西大学 

インドの商家建築ハヴェーリーを飾る日本製マジョリカタイル

第29回民族藝術学会  2013年4月  郡山女子大学 

The Cave Temples as the Imagining of India: The Negotiation between Early Modern Indian Tradition and Colonial Knowledge

The 33rd Congress of the International Committee of the History of Art  2012年7月  Nuremberg Convention Center 

The Marwari Haveli as Re-presentation of Colonial Modernity

The British Association of South Asian Studies Annual Conference  2012年4月  SOAS, University of London 

マールワーリーの邸宅ハヴェーリーの壁画装飾からみる植民地経験とグローバリゼーション

現代インド地域研究国立民族学博物館拠点平成23年度第3回合同研究会  2012年2月  福岡アジア美術館 

植民地経験の表象としてのハヴェーリー:英領インドにおける商業集団マールワーリーの文化交渉実践

関西大学文化交渉学教育研究拠点第4回次世代国際学術フォーラム  2011年12月  関西大学 

ハヴェーリーからみたマールワーリーと〈故郷〉のローカル社会との関係性―視点・表象・伝統をめぐって―

日本南アジア学会第24回全国大会  2011年10月  大阪大学 

カラード石窟群造営に関する一試論―初期歴史時代の西デカン地方南半部における社会と仏教の関係性を踏まえて―

美術史学会西支部例会  2010年11月  京都国立博物館 

Environment and Sanctification in the Making of Cultural Landscape at the Caves of Pateshvar

The 20th International Conference on European Association of South Asian Archaeology  2010年7月  University of Vienna 

Indian Antiquities in Imagination, Empiricism and Scientism: A Reconsideration of Cave Temple Studies of the Imperial Intellect

The 21st Conference of the International Association of Historians of Asia  2010年6月  River View Hotel (Singapore) 

インドにおける文化遺産概念の形成と諸問題:石窟寺院を事例とした美術史的考察

第42回南アジア研究集会  2009年7月  旅館「伯梁」 

Cutting Practice on the Rock, Layering Sanctuaries on the Water: Assimilation and Reproduction of Tradition in the Western Deccan Caves

The 3rd International Conference on South and Southeast Asian Association for the Study of Culture and Religion  2009年6月  Institut Seni Indonesia 

The Reconstruction of Oriental Identity through Buddhist Heritage: The Study of Indian Cave Temples, Its Reaction and Interpretation in Asian Countries from the 19th Century till Today

The International Conference on Heritage in Asia: Converging Forces, Conflicting Values  2009年1月  National University of Singapore 

ターナーレー(ナードスル)第7窟浮彫の考察―西インド初期歴史時代における仏教石窟寺院への新視点―

第61回美術史学会全国大会  2008年6月  東京大学 

西インド仏教石窟寺院の分布と造営時期に関する考察

日本考古学協会第74回総会  2008年5月  東海大学 

Through Ports, Passes, and Junctions: Reconsideration of the Excavational Patterns of Minor Buddhist Caves in Western India

The 19th International Conference on European Association of South Asian Archaeology  2007年7月  Bologna University (Ravenna Section) 

Buddhist Caves as a Symbol of Socio-economy: With Special Reference to Junnar Caves in India

The 2nd International Conference on South and Southeast Asian Association for the Study of Culture and Religion  2007年5月  Mahidol Unversity 

ジュンナル石窟レーニアードリー第6窟について

第58回美術史学会全国大会  2005年5月  大阪大学 

西インドの石窟寺院―ジュンナル石窟寺院を中心として―

国際シンポジウム「古代インドの都市像を探る」  2004年11月  関西大学 

ジュンナル石窟マーンモーディー第25窟及び第26窟について

第55回美学会全国大会若手研究者フォーラム  2004年10月  京都工芸繊維大学